for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:ソフトバンクGは大幅続伸、9%超高 英アーム株売却で見直し買い

[東京 14日 ロイター] - ソフトバンクグループは大幅続伸。一時10%近い上昇となっている。14日朝、傘下の英半導体設計企業アーム・ホールディングスの全株式を半導体大手エヌビディアに売却することで最終合意したと発表したことなどが材料視されている。

市場からは「(当時の)約3.3兆円で買収し、約4.2兆円で売却する。差額だけをみるとマイナスではない。ソフトバンクGは実体に比べて割安で放置されていたこともあり、アーム株の売却が見直し買いにつながっているようだ」(国内証券)との声が出ていた。

取引価値は最大で400億米ドル(約4.2兆円)。うち、契約時にアームに対20億ドルが現金で支払われ、完了時にSBG側とソフトバンク・ビジョン・ファンドに対して100億ドルが現金で、215億ドルがエヌビディアの普通株式で支払われる。 一方、ソフトバンクグループの幹部らが株式非公開化を検討している、との一部報道もある。「ソフトバンクグループは日経平均の指数に対する寄与度が大きい。実際に株式非公開化となった場合は指数の継続性がなくなることも懸念される」(同)という。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up