for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・午前=上昇、HCL業績見通し引き上げ好感

    [ベンガルール 14日 ロイター] - 
 インド              日本時間14時22    前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.       39,153.23  + 298.68   + 0.77  39,073.51
 BSESN>                                                 
 前営業日終値             38,854.55                              
                     日本時間14時22    前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数               11,541.70   + 77.25   + 0.67  11,540.15
 前営業日終値             11,464.45                              
 
    インド株式市場の株価は上昇。7─9月期の業績見通しを上方修正
したIT企業HCLテクノロジーズが株価全般を押し上げた
。一方、市場規制当局がマルチ・キャップ・ファンド(銘柄の時価総額
の大きさに制限を設けずに投資するファンド)に関する方針を変更した
ことが中小型株の追い風になった。
    インド証券取引委員会は11日、マルチ・キャップ・ファンドが大
型株、中型株、小型株にそれぞれ最低25%投資しなくてはならないと
する規定を発表した。これを受けてニフティ小型株100種指数<.NIFS
MCP100>は4.4%、ニフティ中型株50種指数は1.9%
、それぞれ上昇した。
    HCLは4.8%高とNSE指数構成銘柄で上昇率トップ、上場来
高値を付けた。7─9月期の売上高と営業利益率の見通しを引き上げた
ことが好感された。
    リライアンス・インダストリーズは1.7%上昇し、上
場来高値を記録。NSE指数を特に押し上げた。米大手投資ファンドの
カーライル・グループがリライアンスの小売り事業に最大20億
ドル投資する方針との現地メディア報道を受けた。
    英製薬大手アストラゼネカが開発中の新型コロナウイルス
のワクチンについて、臨床試験(治験)を再開したと発表したことがセ
ンチメントを支援、きょうのアジア株を押し上げた。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up