for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-シドニー外為・債券市場=豪ドル持ち直す、議事要旨受け NZドル横ばい

(豪ドルを議事要旨受けたレートに更新しました。)

[シドニー 15日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが一時の下げから持ち直した。オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)の議事要旨が追加緩和を示唆しなかったことを受けた。ニュージーランドドル(NZドル)はほぼ横ばい。

豪ドル/米ドルは0.2%高の0.7304米ドル。議事要旨公表前は0.7268米ドル。

豪中銀は9月の理事会議事要旨を公表し、必要な限り超緩和的なアプローチを維持する方針を表明した。さらなる政策措置がいかに景気回復を支えるかについても引き続き検討するとした。ただ、政策措置の緊急性は示さなかった。

金利先物市場は、10月の中銀理事会で政策金利が15ベーシスポイント(bp)引き下げられ0.1%になる確率を引き続き、ほぼ完全に織り込んでいる。

NZドル/米ドルは0.6700米ドルで、最近付けた安値(0.6602米ドル)を上回る水準。新型コロナウイルスの感染拡大抑制に向けた規制が21日に解除されることなどが背景。

豪政府債先物はほぼ変わらず。3年物は99.710、10年物は99.078。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up