for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏8月消費者物価は前年比-0.2%、エネルギーが押し下げ

欧州連合統計局が発表したユーロ圏の8月の消費者物価指数改定値はエネルギー価格の下落が響き前年比で低下した。エネルギーを除いたコア指数も上昇が鈍化した。スペイン・マドリードのスーパーで4月撮影。(2020年 ロイター/Susana Vera)

[17日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表したユーロ圏の8月の消費者物価指数(HICP)改定値はエネルギー価格の下落が響き前年比で低下した。エネルギーを除いたコア指数も上昇が鈍化した。

8月のHICPは前月比0.4%低下、前年比0.2%低下で速報値と同じだった。

エネルギー価格は前年比7.8%下落。CPIを0.77%ポイント押し下げた。

エネルギーを除く工業品もCPIを0.03%ポイント押し下げ、食品・アルコール・たばこの0.33ポイント、サービスの0.30ポイントの押し上げ効果を相殺した。

欧州中央銀行(ECB)がコアインフレ率と呼ぶ未加工食品とエネルギーを除いた指数は前月比0.5%低下、前年比0.6%上昇。エコノミスト予想と一致したが、前年比上昇率は7月(1.3%)から減速した。

未加工食品とエネルギーに加え、アルコール、たばこを除いた指数は、前月比0.6%低下、前年比0.4%上昇。こちらも前年比上昇率が7月(1.2%)から減速した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up