for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=反発、ドクター・レディーズが史上最高値

    [ベンガルール 18日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間13時42    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      39,111.81   + 131.96   + 0.34  39,200.42
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           38,979.85                               
                    日本時間13時42    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数             11,570.60    + 54.50   + 0.47  11,584.10
                                                                
 前営業日終値           11,516.10                               
 
    
    18日朝のインド株式市場の株価は反発して始まった。アジア各国・地域の市場が中
央銀行の景気支援策への期待を背景に上昇する中、後発薬大手のドクター・レディーズ<R
EDY.NS>が史上最高値を付けた。
    0350GMT(現地時間午前9時20分、日本時間午後0時50分)時点で、NS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.49%高の1万157
2.75。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)は0
.44%高の3万9151.72。いずれの指数も前日は0.7%超下げた。
    ドクター・レディーズは史上最高値の4.1%高まで上昇。がん治療薬「レブラミド
」の特許権をめぐる訴訟で、ブリストル・マイヤーズ・スクイブと和解したこと
が好感された。これが要因でニフティ医薬品株指数は2.67%上昇した。
    また、複合企業のリライアンス・インダストリーズは0.9%高を付けた
。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up