for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:半導体装置関連は軟調、中国SMIC向け米輸出規制を嫌気

[東京 28日 ロイター] - 東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREENホールディングスなどの半導体製造関連銘柄は軒並み下落となっている。中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)向けの一部輸出に対して、米政府が規制を課したことが嫌気されている。ロイターが閲覧した米商務省の25日付の通知によると、SMICに特定の機器を輸出する企業は今後、事前に輸出許可を申請することが求められる。

SMIC向け輸出で許可を申請する必要が出てくる米企業には、半導体製造装置のラム・リサーチ、KLA、アプライド・マテリアルズなどが含まれるという。市場では「日本企業への影響はまだ明らかにはなっていないものの、警戒感から売られている。米大統領選前ということもあり、神経質にならざるを得ない」(国内証券)との声が出ていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up