for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

今年の東アジア太平洋成長率は0.9%に、1967年以来の低水準=世銀

 9月29日 世界銀行は2020年の東アジア・太平洋地域の経済成長率が0.9%と、1967年以来の低水準にとどまるとの見通しを示した。写真は2018年10月、インドネシアのバリ島で撮影(2020年 ロイター/Johannes P. Christo)

[東京 29日 ロイター] - 世界銀行は、2020年の東アジア・太平洋地域の経済成長率が0.9%と、1967年以来の低水準にとどまるとの見通しを示した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による打撃が背景。

20年の中国の成長率は2.0%と予想。政府支出や堅調な輸出に加え、新型コロナ感染が3月以降抑制されていることが成長を押し上げる一方、国内消費の低迷が重しになるとした。

中国を除いた東アジア・太平洋地域の成長率はマイナス3.5%と予想した。

世銀は報告書で、新型コロナ感染拡大による経済・財政への影響に対応するため、域内各国は財政改革が必要になる可能性があると指摘。一方、社会保障プログラムが労働者の経済復帰を促すとした。

また、パンデミックにより1日5.5ドル以下で生活する貧困層が急拡大すると予想。過去の事例や最新の経済成長率予測を基に、貧困層は3300万人増の3800万人と、20年ぶりに増加に転じるとの見通しを示した。この3300万人は、パンデミックがなければ貧困層への転落を回避できていたという。

ただ、検査や追跡能力の拡大への投資と並行して、貧困層などに対する社会保障を拡大することで影響を緩和できる、とした。

*内容を追加しました。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up