for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇、米株上昇で地合い改善

[29日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み上昇。米国市場の株価上昇を受けて地合いが改善した。

0346GMT(日本時間午後0時46分)時点で、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.50%高。インドネシア中央銀行の総裁は28日に国会で、中銀の新たな監督体制などの改革を来年まで延期し、新型コロナウイルス感染拡大への対処に注力するよう求めた。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.07%高と小動き。フィリピンの首都マニラで、新型コロナ関連の制限措置が10月まで延長された。同国中央銀行は10月1日に会合を開く予定で、エコノミストの間では金融政策の据え置きが予想されている。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.16%高、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.52%高、バンコク市場のSET指数は0.03%高。 (アジア株式市場サマリー)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up