for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=小動き、リライアンスの上昇を金融株の下げが相殺

    [ベンガルール 30日 ロイター] - 
 インド              日本時間13時48    前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.      37,969.50     - 3.72   - 0.01  38,068.89
 BSESN>                                                          
 前営業日終値            37,973.22                               
                     日本時間13時48    前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数              11,223.15     + 0.75   + 0.01  11,244.45
                                                                 
 前営業日終値            11,222.40                               
    インド株式市場は小動き。主力銘柄の複合企業リライアンス・インダストリーズが、
小売り部門への投資で米ジェネラル・アトランティックと合意したことを材料に上昇した
ものの、銀行株の軟調に相殺されている。
    0346GMT(日本時間午後0時46分)時点でNSE指数(ナショナル証券取引
所に上場する50銘柄で構成)は、ほぼ横ばいの1万1225。SENSEX指
数(BSEボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)        は3万7953.
61と、おおむね変わらず。
    リライアンスは約1%高と、指数構成株の中で上昇率が最大。小売り部門
の株式0.84%に、米ファンドのジェネラルが367億5000万ルピー(約4億98
31万ドル)を投じる計画を公表したことが材料視された。
    一方、ニフティ銀行株指数は1%、国営銀行株で構成するニフティPSU
銀行株指数は1.2%、それぞれ下落した。
    投資家はこの日予定されている8月のインフラ関連統計と財政赤字の発表を待って、
インドの景気に関する手がかりを得ようとしている

    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up