for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・大引け=中国株反落、月間では約1年ぶり下落幅

    [北京/上海 30日 ロイター] - 
 中国                       終値     前日比       %        始値         高値         安値
 上海総合指数          3,218.0521   - 6.3072   - 0.20  3,232.7104  3,244.9134   3,202.3435 
                                                                                
 前営業日終値          3,224.3593                                                          
 CSI300指数<.C    4,587.395    - 4.404   - 0.10  4,607.575    4,634.724    4,563.411 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値           4,591.799                                                          
    
    中国株式市場は反落して終了した。好調な9月の製造業購買担当者景気指数(PMI
)を受けて楽観的なムードが強まったが、不動産や素材関連株が売られ値を消す展開とな
った。月間ベースでは2019年5月以来の大幅な下げを記録した。    
    上海総合指数終値は6.3072ポイント(0.20%)安の3218.0
521。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は4.404ポイント(0.10%)安の4587.395。
    9月は上海総合指数が5.23%、CSI300指数が4.75%それぞれ下落した
。米中関係の緊張への警戒感や、新型コロナウイルス流行の第2波を懸念した海外市場の
下落が圧迫した。
    中国の半導体受託生産(ファウンドリー)大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)
は9月に25%下落した。米政府が同社向けの一部輸出を規制したことが背景にある。
    30日は深セン証券取引所の創業板(チャイネクスト)総合指数が0.44%
高、上海証券取引所の新興ハイテク企業向け市場「科創板」の科創板50指数
は2.07%上昇した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up