for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領選、日米安保に影響ない=河野沖縄担当相

[東京 1日 ロイター] - 河野太郎行政改革・沖縄北方担当相は1日、報道各社とのインタビューで、米大統領選が沖縄県に特に影響を及ぼすことはないとの見解を示した。大統領選の結果によって「特に沖縄に何かあるとは、正直思っていない。日米同盟の視点からも、同盟が揺らぐということは考えにくい」と述べた。

 河野太郎行政改革・沖縄北方担当相は1日、報道各社とのインタビューで、米大統領選が沖縄県に特に影響を及ぼすことはないとの見解を示した。写真は記者会見、9月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

同日発生した東京証券取引所のシステム障害については「デジタル社会に利便性と安全性のトレードオフ(両立しない関係)があるならば、(障害時の)復元力を高めるため、システムの(予備装置の充実など)冗長性を高める必要がある」と指摘した。

<今の職務に専念したい>

行政改革を進めるにあたり、一部で取り沙汰されている厚生労働省などの再編に関して「省庁再編の優先順位は今のところ上げていない」と語った。

沖縄振興については「沖縄の資源を活用し、発展させるためにあるものをすべて使っていく。何を沖縄の資源にできるのか、考える必要がある」と指摘した。

河野氏は世論調査で首相候補として人気が高いが、来年9月の自民党総裁選への出馬の有無に関しては「新しい内閣が発足したばかりで、今の職務に専念したい」と述べた。

行革相就任後、河野氏のツイッターのフォロワー数が200万人を突破し、安倍晋三前首相の230万人に迫る勢いだが、「暇つぶしでやっており、肩に力を入れず、難しいことは考えずに続けたい」と述べた。

<各省庁独自のハンコは廃止可能>

就任直後に打ち出した省庁のハンコ廃止について「各省庁独自のルールのものは、かなり廃止できるのではないか」との認識を示した。永年勤続表彰状のハンコなどは継続に問題ないとの考えを示した。

*内容を追加しました。

竹本能文 編集:山川薫

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up