for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:JPXは下落、一時上昇も伸び悩み 東証の存在感薄れる懸念も

[東京 2日 ロイター] - 日本取引所グループは下落。1日に富士通製のシステム機器で障害が発生し、終日売買停止となる中、軟調なスタートとなった。その後は一時上昇する場面もあったが、午前10時20分現在は小幅安となっている。

市場からは、「これを契機に私設取引システム(PTS)の必要性がクローズアップされる可能性がある。東証は1営業日の収益を失ったが、PTSの利用が加速して相対的に東証の存在感が薄れていく恐れがあり、構造的なネガティブ要因として受け止められるのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。

一方、「きょうの日経平均は東証システム障害よりも米国株高につられた動きになっている。システム障害に関連して相場全体に影響が出ているような状況ではない」(野村証券エクイティ・マーケット・ストラテジスト、澤田麻希氏)との見方も出ている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up