for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-ユーロ圏9月CPI速報値、前年比-0.3% 4年ぶり大幅マイナス

(詳細を追加しました)

[ブリュッセル/フランクフルト 2日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が発表した9月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値は前年同月比0.3%低下した。マイナス幅は前月の0.2%から拡大し、過去4年以上で最大の落ち込みとなった。

市場予想はマイナス0.2%だった。

エネルギーと未加工食品を除いたコア指数はプラス0.4%と前月のプラス0.6%から伸びが縮小した。サービス価格の伸びが一段と鈍化したほか、輸入工業製品の価格が下落した。

欧州中央銀行(ECB)は今年、新型コロナウイルス危機への対応で異例の景気刺激策を実施したが、失業率の上昇や貯蓄の急増、移動制限、設備投資の低迷などが物価を抑えている。

エコノミストは新型コロナ感染第2波により景況感が一段と悪化し、物価がさらに低下する可能性が高いと予想している。

9月はエネルギー・未加工食品・アルコール・たばこを除く指数が前年比0.2%上昇した。8月は0.4%の上昇だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up