for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:島忠は買い気配、DCMによるTOBを材料視

[東京 5日 ロイター] - 島忠は買い気配。2日、DCMホールディングスが島忠株の公開買い付け(TOB)を行い、同社を完全子会社化すると発表したことが材料視されている。買い付け価格は1株4200円。同価格を意識して買いが先行している。

買い付け期間は10月5日から11月16日。買い付け価格は、同TOBに関する観測報道がなされた9月18日を起点にした過去1カ月の終値単純平均値2924円に対して、43.64%のプレミアムが加算された水準。

DCMは、店舗展開エリアや得意分野の重複が少なく、事業の補完関係が高いと判断した。島忠は賛同意見を表明している。

DCMは2006年にカーマとダイキ、ホーマックが統合して設立。その後も他社を買収し、拡大してきた。今回の買収を通じ、DCMは連結売上高で国内最大手のホームセンターグループになる見込み。DCMの株価も買い気配となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up