for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド太平洋構想、4カ国外相会談で連携広げる重要性確認へ=官房長官

 加藤勝信官房長官は6日午前の会見で、今夕東京で予定されている日米印豪による4カ国外相会合について、自由で開かれたインド太平洋構想の連携を広げていくことの重要性を確認すると期待感を示した。都内で9月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 6日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は6日午前の会見で、今夕東京で予定されている日米印豪による4カ国外相会合について、自由で開かれたインド太平洋構想の連携を広げていくことの重要性を確認すると期待感を示した。

今回の会合に先立って、菅義偉首相もポンぺオ米国務長官、その他3カ国の外相の表敬を受けることになっている。 

加藤長官は「コロナ禍の下で日本で初めて開催される閣僚レベルの会合であり、新型コロナ発生に伴って発生した諸課題、すなわち自国第一主義といった課題や地域情勢について、志を同じくする国が対面で意見交換することは時機を得たものだ」と述べた。

今夕、菅政権になって初めての経済諮問会議が開催されるが、同長官は「感染拡大防止と経済活動の両立や、各省にまたがる諸課題について議論をすすめてもらいたい」と述べた。また、規制改革推進会議についても近く開催予定で、行政の縦割り主義や既得権益を打破など、重要な役割を果たしてもらうことを期待すると語った。

中川泉 編集:田中志保

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up