for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本製鉄、君津第2高炉を11月下旬めどに再稼働 需要見通し踏まえ

 10月6日、日本製鉄は、一時休止中の東日本製鉄所君津地区第2高炉を11月下旬をめどに再稼働すると発表した。写真は同社のロゴ。都内で昨年3月撮影(2020年 ロイター/Yuka Obayashi)

[東京 6日 ロイター] - 日本製鉄5401.Tは6日、一時休止中の東日本製鉄所君津地区第2高炉を11月下旬をめどに再稼働すると発表した。今後の需要見通しを踏まえ、自動車などで需要増が見込まれることに対応する。

同社は現在、高炉15基の高炉のうち9基で生産を行っているが、今回の再稼働で、10基が稼働することになる。今後については「国内外の鉄鋼需要動向の変化に対応し、迅速かつ適切な生産対応を図っていく」としている。

宮本勝弘副社長は8月下旬のロイターとのインタビューで、自動車が想定以上のピッチで回復しているとの見方を示し、一時休止(バンキング)の解除については「柔軟に対応する」と述べていた。

今年度の単独粗鋼生産量は、上期1490万トン、下期1690万トンで、前年度の4185万トンからは、大きく落ち込む計画となっている。

*内容を追加しました。

清水律子 編集:青山敦子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up