for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:イオンが反落、第2四半期営業黒字発表で材料出尽くし

[東京 8日 ロイター] -

イオンが反落している。寄り付きは、第2・四半期の営業黒字を好感して連日の年初来高値更新で始まったものの、業績の回復についてはこれまでの株価上昇で織り込まれていたとみられ、材料出尽くしの格好となった。

同社は7日、2020年3―8月期の連結営業利益が前年同期比60.7%減の339億円になったと発表した。3―5月期は営業赤字だったが、新型コロナウイルスの影響で休業していた店舗の営業再開などがあり、6―8月期は黒字に転じた。会社側では、上期の決算について「会社想定の上の方で着地した」としている。営業収益は同0.5%減の4兆2705億円、最終損益は575億円の赤字(前年同期は37億円の黒字)。

食料品を扱うスーパーマーケットや、マスクなどの衛生用品を扱うドラッグストアは好調を維持している一方、衣料品やアミューズメントなどは苦戦している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up