for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(8日)=台湾ドルが1%上昇、ほかは小動き

[8日 ロイター] - アジア新興国通貨は台湾ドルが約1%上昇したほかは小動き。米国の大統領選挙戦と新型コロナ経済対策の行方に市場の関心が集まっている。

中国の大型連休は8日で終了し9日から取引が再開される。

0343GMT(日本時間午後0時43分)現在、台湾ドルは0.83%高。

マレーシアリンギ、フィリピンペソ、韓国ウォン、シンガポールドル、タイバーツは0.01─0.17%高。

インドルピーは0.04%安、インドネシアルピアは0.07%安。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up