for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=反発、英中銀総裁の発言好感

    [8日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       5978.03   +31.78  +0.53   5946.25          
 
    
    ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。イングランド銀行(英中央銀行)総裁が
、英国と欧州連合(EU)が通商政策で合意する可能性があると述べたほか、新型コロナ
ウイルスの感染件数が増える中で追加支援策を導入することを示唆し、相場を押し上げた
。
    イングランド銀行のベイリー総裁は英経済に「非常に大きな下振れリスクがある」と
述べ、新型コロナの第2波の打撃を抑えるために金融政策の手段を用いる準備ができてい
ると述べた。英国とEUが通商政策で合意できるだろうとの見方も示した。

    米国で追加の新型コロナ支援策がまとまるとの期待から原油が値を上げ、FTSE3
50種原油・天然ガス株指数は2.41%上昇した。
    ただ、イングランド北部で新型コロナ感染の第2波が加速する中、英政府が一部の地
域で制限措置を強化することを検討しているとする政府高官の話を受け上昇幅は限定的だ
った。
    金融サービスのハーグリーブス・ランズダウンは4.6%安。新型コロナや
英国のEU離脱を巡る先行き不透明感から投資家心理が悪化していると警告したことが不
安視された。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up