for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:7&iHDは反発、今期業績予想の上方修正を好感

[東京 9日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングスは反発。8日、2021年2月期の連結営業利益予想を従来の3220億円から3400億円(前年比19.9%減)に引き上げると発表し、好感されている。

新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言の解除以降に経済活動が再開された効果を反映。20年3―8月期(上期)のスーパーストア事業、海外コンビニエンスストア事業などの堅調を織り込んだ。

国内コンビニエンスストアは人手不足による人件費上昇で利益圧迫に苦しんできたが、井阪隆一社長は、応募人数がコロナ前に比べ約2倍強で高止まりしており「人員は一定の充足感がみられる」と述べ、人手不足は緩和しつつあるとの認識を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up