for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中銀デジタル通貨、当然検討すべき事項=加藤官房長官

 加藤勝信官房長官は9日午前の記者会見で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に対する菅政権のスタンスについて「現時点で具体的に発行する計画を持っているわけではないが、デジタル化を含めた時代の流れの中で、CBDCも当然検討すべき事項だと考えている」と述べた。写真は日銀のサイン。都内の日銀本部で5月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 9日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は9日午前の記者会見で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)に対する菅政権のスタンスについて「現時点で具体的に発行する計画を持っているわけではないが、デジタル化を含めた時代の流れの中で、CBDCも当然検討すべき事項だと考えている」と述べた。

加藤官房長官はCBDCについて、日銀が段階的に実証実験などを進める方針だと説明。今後に関しては「財務省はじめ関係省庁で、日銀の検討なども踏まえながら、発行の必要性、金融システムに与える影響などについて検討を深めていくものと承知している」と語った。

内田慎一

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up