for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソフトバンクGのビジョン・ファンドがSPAC設立へ=関係者

 ソフトバンクグループのビジョン・ファンドが、買収を目的とする特別会社の設立を計画していることが13日、分かった。写真は同社のロゴ。2017年7月、都内で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - ソフトバンクグループ9984.Tのビジョン・ファンドが、特別買収目的会社(SPAC)の設立を計画していることが13日、分かった。2週間以内に詳細を詰めるという。

SPACは買収を目的とした会社で、「ブランクチェックカンパニー(白地小切手会社)」とも呼ばれる。

一部メディアが報じたビジョン・ファンドのラジーブ・ミスラ最高経営責任者(CEO)の発言を、関係者が認めた。

同関係者によると、ソフトバンクGは外部から資金を呼び込む考えで、同社自身も拠出する可能性がある。資金の規模は未定だという。

米国ではSPACを上場し、外部の投資家から幅広く買収資金を集める流れが強まっている。買収された未上場会社は、SPACを通じて上場企業となる。日本ではSPAC上場は認められていない。

ソフトバンクGはロイターの取材に対し、コメントを控えた。

*内容を追加しました。

Sam Nussey

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up