for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

上海外為市場=下落、基準値が予想より元安

[上海 13日 ロイター] - 13日の上海外国為替市場の人民元相場は、人民元の対ドル基準値が市場予想よりも元安に設定されたことから下落した。

中国人民銀行(中央銀行)がこの日設定した人民元の対ドル基準値(中間値)は1ドル=6.7296元。前日基準値(6.7126元)や市場予想よりも元安水準だった。

国内市場の人民元は1ドル=6.7580元で始まり、0206GMT(日本時間午前11時6分)時点で6.7565元と、前日終盤よりも105ポイント元安水準。

0206GMT時点でオフショア人民元は1ドル=6.7577元。一時、6.7650元まで元安が進んだ。

エバーブライトの為替ストラテジストは、人民銀行は元上昇ペースの抑制を目指していたが、元安は望んでいないと説明し、人民元高圧力は続いていると指摘した。

中国人民銀行は週末に金融機関が外国為替市場でフォワード取引を行う際の法定準備金を12日から撤廃すると発表した。

人民元の売り持ちコスト低下につながる外為フォワード取引の法定準備金撤廃は、このところの人民元の急上昇を受けての発表だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up