for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

〔アングル〕好調なD2C関連銘柄、直接販売拡大で市場規模2兆円超

     浜田寛子
    [東京 15日 ロイター] - D2C(Direct to Consumer)」関連株が好調だ。
Amazonや楽天といったインターネット上の販売モールに依存せず、自社サイトから
商品を顧客に直接販売するため、利益率が高くなると期待されている。知名度を上げにく
いのがデメリットだったが、SNSの活用などで利用者を拡大。ネットショッピングの活
発化もあり、今年の市場規模はコロナ禍でも前年比8%増の2兆2000億円に達すると
の試算も出ている。
    
    <SNSを活用>
    
    ベガコーポレーションでは2014年頃から自社サイトの開発に力を入れ始
め、現在は販売の約50%を占める。インテリア販売のLOWYA事業の売上高は、緊急
事態宣言が発出された4月は前年比162%となった。その後も、新型コロナウイルス感
染拡大による「巣ごもり需要」の高まりを背景に、前年比プラスで推移している。
    
    同社の浮城智和社長は「Amazonや楽天で仲介手数料を取られるとコスト的にも
厳しく、5年ほど前から自社サイトの販売比率を伸ばす戦略に切り替えた」と話す。
    
    D2Cのデメリットは、モールに比べて顧客の認知度を上げにくい点だが、同社では
、広告やマーケティングだけでなくSNSを活用。LOWYAのインスタグラムアカウン
トのフォロワーは55万人を超える。
    
    同社の株価は、日経平均が安値を付けた3月19日から10月9日まで6.9倍に上
昇。日経平均の42%を大きく上回った。
    
    消費者のニーズがダイレクトに把握できるのもメリットだ。大手アパレル会社のオン
ワードホールディングスは、今年2月末に女性向けのD2Cブラン「uncra
ve」を立ち上げた。同社の常務執行役員、樋口剛宏氏は「インスタグラムなどSNSを
通じて顧客のリアルな声を聞くことができる」と話す。
    
    <支援企業が充実>
    
    D2Cが広がる背景には、それを支えるインフラが整備されてきたこともある。sh
opifyやBigCommerceなど直接販売サイトを支援するE
Cプラットフォーム企業の充実だ。
    
    野村総研・コンサルティング事業本部パートナーの倉林貴之氏は、これまでは物流や
決済の機能をAmazonや楽天が担ってきたが、D2Cをサポートする周辺企業が増え
たことで、メーカーが独自にサプライチェーンやデマンドチェーンをコントロールするこ
とができるようになったと分析する。
    
    首都圏を中心に飲食店のチェーン展開を手掛ける俺の株式会社(非上場、東京都中央
区)は、今年4月に公式ECサイト「俺のEC」を開設し、パンの販売を始めた。「俺の
フレンチ」など知名度があるため、手数料のかかるモールには出店せず、D2Cを選択し
たという。
    
    ECプラットフォームにはshopifyを採用。同社の常務執行役員、社長室長兼
経営企画本部新規事業開発部長の岩﨑菜乙美氏は「立ち上げから販売サイトのリリースま
では1カ月程度しかかからなかった。顧客と接点を持てる点も自社サイトの魅力だ」と話
す。
    
    <米国が先行>
    
    D2Cで先行する米国では、周辺企業の物価も上昇。shopifyの時価総額は1
189億ドル(約12兆円)に達する。BigCommerceの時価総額は66億ドル
(約7000億円)に上る。
    
    日本でもECマーケティングや広告事業を手掛けるピアラや、ECコンサル
ティングを手掛けるMacbee Planetの株価が好調だ。「売れるネッ
ト広告社」の調査によると2020年のD2C市場規模は、周辺企業を含め2兆2200
億円に上る。
    
    立花証券・国際法人部課長の栗原一郎氏は「D2Cを支える周辺企業は、スタートア
ップで最近上場した会社も多く、歴史が長い楽天などに比べて成長率も期待しやすい」と
指摘する。
    
    D2C市場が拡大するという認識が投資家の間に広まり、ECプラットフォーム企業
にマネーが波及──。「米国では先んじてそうした動きみられるが、似たような動きは今
後日本でも起こるだろう」と、野村総研の倉林氏は話している。
    

 企業名                    分類                                    株価上昇
                                                                   率
                                                                   
 ベガコーポレーション <35  D2C企業ーインテリア販売、越境ECプ  6.9倍
 42.T>                     ラットフォーム事業                      
 北の達人コーポレーション  D2C企業ー健康食品、化粧品、雑貨の企  1.1倍 
                         画・開発・製造販売、通販事業            
 オイシックス・ラ・大地<3  D2C企業ーウェブサイト・カタログによ  2.4倍
 182.T>                    る有機野菜、特別栽培農産物、無添加加工  
                           食品等の販売                            
 オンワードホールディング  D2C企業ーアパレルの販売              0.6倍
 ス                                                                
 BASE              D2C支援企業ーウェブサービス企画・開  16.6倍
                           発・運営                                
 ピアラ                   D2C支援企業ーECマーケティング事業  2.7倍
 Macbee Plane  D2C支援企業ーECコンサルティング事  2.2倍
 t                     業、マーケティング事業                  
 楽天                      ECモール運営企業ーECモール運営、メ  1.7倍
                           ディア事業、フィンテック事業等          
 ヤフー                    ECモール運営企業ーECモール運営、メ  2.6倍 
                           ディア事業、検索エンジン事業等          
 .N225                                                             1.4倍
    *株価上昇率は3月19日と10月9日の終値ベース対比。
    *Macbee Planetは上場日の3月31日からの比較。
    
    (編集:伊賀大記、石田仁志)
    

  
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up