for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国自動車販売、9月は前年比+12.8% 6カ月連続プラス

[北京 13日 ロイター] - 中国汽車工業協会(CAAM)が発表した9月の国内自動車販売台数は前年同月比12.8%増の257万台で、6カ月連続の増加となった。

1─9月は6.9%減の1712万台と、年初来では依然としてマイナスとなっている。

中国で販売が拡大するシーズンに当たるため、自動車業界関係者の間では「金の9月、銀の10月」と呼ばれている。

こうしたトレンドを反映し、9月の乗用車販売は8%増加。吉利汽車、長城汽車、トヨタ自動車は2桁増となった。

新エネルギー車(NEV)は67.7%増の13万8000台。3カ月連続で増加した。NEVにはバッテリー式電気自動車、プラグインハイブリッドカー、水素燃料電池車が含まれる。

市場全体の約4分の1を占めるトラックなどの商用車の販売は40%増加した。政府のインフラ向け投資に後押しされたほか、排出規制の強化を背景とする更新需要を受けた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up