for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

女性やマイノリティー、再就職支援が必要に=米ダラス連銀総裁

[14日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は14日、新型コロナウイルスの流行を受け、経済活動が対面交流に依存しないセクターにシフトしていると指摘、雇用喪失で特に打撃を受けた人々には、再就職支援が必要になるとの認識を示した。

総裁は、女性やマイノリティーなど、新型コロナ流行で特に打撃を受けた労働者が再就職するには、職業訓練や保育サービスなどが必要になると主張した。

同連銀がバーチャル形式で主催した討論会で述べた。

総裁は、今年の米経済成長率がマイナス2.5%前後になると予想。来年は約3.5%のプラス成長になる可能性があるとの見方を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up