for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=続落、ロンドンの新たな封鎖措置に警戒

    [15日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       5832.52  -102.54  -1.73   5935.06          
 
    
    ロンドン株式市場は3週間ぶりの安値に続落して取引を終えた。新型コロナウイルス
の感染拡大を抑えるための新たな封鎖措置を巡る懸念や、英国の欧州連合(EU)離脱に
関する先行き不透明感を受け、月初の値上がりによる利益を確定する売りが出た。
    ロンドンで16日深夜からより厳しい封鎖措置が課される見通し。英国のジョンソン
首相は加速する新型コロナ第2波を抑える対策に追われている。中型株で構成するFTS
E250種指数は0.62%下落した。
    米国の追加刺激策への期待からロンドン株式相場は2週連続で世界の株価とともに上
昇してきたが、今週は英国とEUの通商協定を巡る不透明感が重しになっている。EU首
脳は15日、英国との交渉を数週間延長することで合意したが、交渉が失敗した場合に向
け合意なき離脱の事態に備えるよう各国に呼び掛けた。
    パブ経営のマーストンズは1.4%下落。段階的な制限措置が打撃となり、
人員削減を検討していることを明らかにした。
    人材紹介会社のヘイズは1.3%安だった。新型コロナ危機により第1・四
半期の手数料が29%減ったことが嫌気された。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up