for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・序盤=反発、金融株高い 企業業績に注目

    [ベンガルール 23日 ロイター] - 
 インド             日本時間13時53    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      40,741.79   + 183.30   + 0.45  40,728.39
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           40,558.49                               
                    日本時間13時52    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数             11,953.65    + 57.20   + 0.48  11,957.90
                                                                
 前営業日終値           11,896.45                               
    序盤のインド株式市場は反発。金融とIT株の上昇が相場を押し上げた。米国の新型
コロナウイルス経済対策をめぐる協議と、この日発表されるインド国内主要企業の業績が
注目されている。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0352GMT(
日本時間午後0時52分)時点で、0.51%高の1万1958.5。SENSEX指数
(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で構成)は0.44%高の4万073
0.8。両指数ともに週間では1%超上昇している。
  この日のアジア各地の市場はほぼ変わらず。米大統領選前最後のトランプ大統領とバ
イデン候補の討論会はほとんど影響を与えなかった。ただ、経済対策の協議をめぐる動き
には、引き続き関心がみられる。
    HDFC銀行は1.2%高、ICICI銀行は1.8%高。IT
大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ は1.2%高。
    投資家らはスイス系食品大手ネスレ・インディアやソフトウエアメーカー
のテック・マヒンドラ、製鉄大手JSWスチールの決算を待っている
。各社株価は序盤の取引では小幅高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up