for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

上海外為市場=元は小幅高、当局が元高容認示唆との見方

[上海 23日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで小幅上昇。当局者のコメントが、元高容認姿勢の強まりを示すものと受け止められた。

中国国家外為管理局(SAFE)の王春英報道官はこの日の記者会見で、人民元は予想よりも安定的に推移し、比較的高い柔軟性を維持していると指摘し、引き続き妥当でバランスの取れた水準付近で推移するとの見通しを示した。

ウェストパックのアジアマクロ戦略責任者フランシス・チュン氏は「発言の一部はこれまでの動向に言及したものだが、全体として元高への違和感がないことを示す発言ととらえることができる」と述べた。

中国人民銀行(中央銀行)が設定した人民元の対ドル基準値(中間値)は1ドル=6.6703元と、前日の基準値(6.6556元)比で147ポイント(0.22%)元安。ただ、市場予想よりはやや元高水準となった。

国内市場の人民元は1ドル=6.6775元で始まり、中盤は前日終値比22ポイント元高の6.6828元。

オフショア人民元は中盤時点で1ドル=6.6733元。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up