for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

決算発表が本格化、ガイダンスに注目=今週の米株式市場

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 26日からの週の米株式市場は、決算発表が本格化し、企業の新型コロナウイルス禍への対応ぶりが明らかになる見通し。

S&P500種指数採用企業のうち、これまで73社がガイダンスを発表している。リフィニティブのデータによると、前期の予備発表65社からは増加しているが、例年の170社を大幅に下回る水準。発表されたガイダンスは、1997年以降で最も強気となっている。

これまでガイダンスを発表した企業のうち、株価が上昇したのはAT&T,ベライゾン・コミュニケーションズ、クエスト・ダイアグノスティクスなど。

26日からの週は、ビヨンド・ミート、マイクロソフト、ピンタレストなど今シーズンこれまでで最多の決算発表が予定されている。

コーウェンのアナリストによると、マイクロソフトの決算は、好調なパソコン出荷とクラウドサービス「Azure」の成長により、保守的な予想を上回る見通し。

これまでの決算発表では、約86%の利益が1994年以降の平均を20%ポイント上回った。

投資家の関心は、予想を上回る割合よりも、リファイナンスや資金調達、コストをコントロールする措置の発展・維持が可能な企業に集まっている。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up