for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コマツ、今期業績予想を上方修正 建機需要が想定上回る

[東京 28日 ロイター] - コマツは28日、2021年3月期(今期)の連結業績予想(米国会計基準)を上方修正したと発表した。営業利益は前期比46.6%減の1340億円となる見通しで、従来予想の1150億円から190億円上振れる。建設器械・車両部門の中国、日本、北米などでの需要が従来の想定を上回るほか、固定費削減などを織り込んだ。

修正後の営業利益予想は、リフィニティブが算出したアナリスト16人の予測平均(1387億円)を下回っている。

今期の売上高予想は同13.3%減の2兆1190億円と従来の2兆0680億円から上方修正。純利益予想も48%減の800億円と従来の670億円から引き上げた。

期末配当は従来予想の18円から7円増額し、1株あたり25円とする。第2・四半期末の配当は従来予想通りの18円。年間配当は前期実績からは51円減配となるが、43円とする。

同日発表した20年4─9月期連結決算(米国会計基準)では、営業利益が前年同期比57.5%減の603億円だった。売上高は同21.1%減の9577億円、純利益は58.6%減の372億円だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up