for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル横ばい、前日の海外市場では急落

[シドニー 29日 ロイター] - オセアニア外国為替市場の豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは横ばい。前日の海外市場では急落していた。新型コロナウイルスの感染再拡大を受けて独仏が新たな行動規制を発表し、投資家のリスク選好度が低下した。

豪ドルは1豪ドル=0.7066米ドル。前日の海外市場では1.1%下落した。高値は0.7157米ドルだった。米国株先物が上昇していることを受けて、安値の0.7038米ドルから反発している。

重要な下値支持線の0.7021米ドルを下抜ける展開とはならなかった。この水準を下回れば、テクニカル的に非常に弱気になるとみられていた。ただ、堅調さを維持するには0.7115米ドルを上回る必要があるとみられている。

NZドルは1NZドル=0.6652米ドルで横ばい。前日の海外市場では高値の0.6720米ドルから1.1%下落した。0.6630米ドル付近が下値支持線となっているが、0.6660米ドルの水準には上値抵抗線がある。

CBAのエコノミスト、キム・マンディー氏は「ユーロ圏では、幅広いロックダウン(都市封鎖)が再び導入されつつあり、景気が二番底を迎えるリスクが高い。世界経済が低迷すれば、米ドルの支援材料になるだろう」と指摘。

「豪ドルは数日中に0.70米ドルを割り込むリスクがある」と述べた。

豪3年債先物は一時最高値となる99.845に向けて上昇。その後は99.835に低下している。

市場関係者は、豪準備銀行(RBA)が来週の理事会で政策金利と3年物国債利回りの目標を0.1%に引き下げると予想している。

ロイターのエコノミスト調査の中央値によると、RBAは来週の理事会で5ー10年国債を約1000億豪ドル(712億9000万米ドル)買い入れると発表する可能性が高い。ただ、買い入れ額を事前に設定しない可能性も指摘されている。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up