for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド株式市場・午前=L&T決算、コロナ・米選挙が圧迫

    [ベンガルール(インド) 29日 ロイター] - 
 インド                 日本時間15時18    前日比       %        始値
                        分                                 
 SENSEX指数<.BSE       39,751.16  - 171.30   - 0.43   39,537.17
 SN>                                                       
 前営業日終値                39,922.46                               
                        日本時間15時18    前日比       %        始値
                        分                                 
 NSE指数                  11,668.50   - 61.10   - 0.52   11,633.30
 前営業日終値                11,729.60                               
 
    
    29日午前のインド株式市場は下落した。産業コングロマリット、ラーセン・アンド
・トゥブロ(L&T)の弱い決算内容を受けてインフラ株が値下がりした。世
界中で新型コロナウイルスの感染者が急増していることや米国の選挙をめぐる不透明感が
、センチメントを一層圧迫した。
    0415GMT(現地時間午前9時45分、日本時間午後1時15分)時点でNSE
指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.6%安の1万1
661.05。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で
構成)        は0.5%安の3万9725.73。
    L&Tの株価は最大4.86%下落し、ニフティインフラ株指数を1
.27%安に押し下げた。同社が28日に発表した四半期決算(単独、継続事業ベース)
が赤字だったことが嫌気された。
    SMCグローバル・セキュリティーズのサウラブ・ジェイン氏は、同社が決定した特
別配当の1株当たり18ルピーが予想を下回ったと指摘。「L&Tの経営陣はまた今後の
見通しを一切示さず、市場はそのことに不満だ」と説明した。
    米大統領選が接戦となることへの恐怖感に加え、欧州諸国が新型コロナ感染第2波を
封じ込めるための新たな制限措置を講じる中、世界景気回復をめぐる懸念もインド市場を
圧迫した。
    前日の米株価指数が6月以来の大幅下落を記録した後で、きょうのMSCIアジア太
平洋株指数は1%安。
    SMCグローバルのジェイン氏は「新型コロナの欧州での感染拡大の仕方に市場は非
常に神経をとがらせている」と述べた。
    ニフティ国有銀行株指数は0.9%安と業種別指数で特に下落。ニフティ自動車株指
数は0.6%安。
    前日に四半期利益の減少を発表した腕時計メーカーのタイタンは2.6%安。
    塗料メーカーのアジアン・ペインツは1.7%高と、NSE指数で上昇率上位。四半
期決算が黒字に復帰したアクシス銀行は0.5%高。
    

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up