for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、マニラ市場が大幅安

[29日 ロイター] - 29日中盤の東南アジア株式市場は、欧米での新型コロナウイルス感染者数の急増を米国市場の株価急落を引き起こした流れを引き継ぎ、軒並み下落している。

0449GMT(日本時間午後1時49分)時点で、マニラ市場の主要株価指数PSEiは1.73%安。LTグループは4.64%、アヤラ・ランドは4.43%、それぞれ下げている。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.80%安。メープルツリー・コマーシャル・トラストが3.24%安、キャピタランド・モール・トラストが2.2%安となっている。

バンコク市場のSET指数は0.43%安。

ジャカルタ市場とクアラルンプール市場は、ムハンマド生誕日のため休場。 (アジア株式市場サマリー)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up