for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル小動き、週間で下落へ

[シドニー 30日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは小動きで、週間では下落する見込み。欧州と北米で新型コロナウイルス感染拡大の勢いが止まらないことから、世界経済とコモディティー価格の見通しが悪化している。

豪ドルは1豪ドル=0.7035米ドル。オーバーナイトでは3カ月ぶり安値となる0.7002米ドルを付けた。週間では1.4%下落しており、0.7000米ドル付近の支持線を下抜ける可能性がある。その場合、0.6920米ドルまで下げる可能性がある。

NZドルは1NZドル=0.6628米ドルで小幅高。前日には1週間ぶり安値の0.6597米ドルを付けた。

週間では1%下落しているが、主要な支持線である0.6555米ドルを試す展開にはなっていない。上値抵抗線は0.6660米ドル付近。

欧州各地で新型コロナ感染拡大に伴う移動制限が再導入されたのを受け、欧州中央銀行(ECB)は29日の定例理事会で主要な政策変更を見送り、12月に追加対策を講じる可能性を示唆した。

各国中銀に緩和圧力がかかる中、豪準備銀行(中銀)も豪ドル上昇を抑える必要性を認めている。 豪中銀は来月3日の理事会で政策金利を引き下げ、国債買い入れプログラムを増額し、5-10年債を買い入れると予想されている。オフィシャル・キャッシュ・レートと3年債利回りの目標は15ベーシスポイント(bp)引き下げ0.1%にする見込み。

豪3年債先物は最高値をやや下回る99.835。利回りは0.165%。

アナリストは、豪中銀は豪ドルに下押し圧力をかける方策として、米10年債利回り(現在0.82%)を下回る水準まで国債利回りを押し下げることを望むとみている。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up