for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領確定前でも、安全保障では「しっかり連携」=官房長官

加藤勝信官房長官は5日午後の会見で、米大統領選での当選者が確定していない段階で、日本周辺で緊張が高まった際の対応を聞かれ、米国とは警戒・監視でしっかり連携していくとの見解を示した。写真は9月、記者会見場でスタッフのメモを見る加藤官房長官。(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon )

[東京 5日 ロイター] - 加藤勝信官房長官は5日午後の会見で、米大統領選での当選者が確定していない段階で、日本周辺で緊張が高まった際の対応を聞かれ、米国とは警戒・監視でしっかり連携していくとの見解を示した。

また、米国とは緊密に連携し、地域の平和と安全の確保に万全を期していくと強調した。

一方、日本の排他的経済水域内にある日本海の好漁場である大和堆で、外国漁船の違法操業が多発し、日本漁船の操業が脅かされている問題では、今月4日までに4137隻の中国漁船に退去勧告を出したと説明。「今後も安全操業の確保に向け、しっかりと取り組んでいく」と説明した。

田巻一彦

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up