for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界株高こうみる:循環物色繰り返し全体の底上げに=岡地証 森氏

[東京 10日 ロイター] -

<岡地証券 投資情報室長 森裕恭氏>

新型コロナワクチンへの期待が現実味を帯びてきたことで、株価全体の上昇に弾みがついてきたが、ここで注目したいのは物色動向の変化だ。日米ともに、これまで買われていた「巣ごもり」関連などコロナ禍に対応した銘柄が売られ、バリュー株の上昇が堅調になっている。コロナ克服がテーマとなれば、今までと反対の二極化が目先は続きそうだ。

ただ、テレワークの推進など新しい生活様式など社会構造の変革は、コロナを克服したとしても変わらないだろう。バリュー復権も確かなことだが、これまで相場をリードしてきた米国のハイテク株や国内の「巣ごもり」関連などは、調整が一巡すれば再び物色されるようになり、これらが循環物色を繰り返し全体が底上げされるとみている。

今後3か月間の日経平均予想レンジ:2万4000円─2万7000円

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up