for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コロナ倒産、10月は単月で最高 飲食業が最多=商工リサーチ

[東京 10日 ロイター] - 東京商工リサーチは10日、新型コロナウイルスの影響を受けた負債額1000万円以上の破綻件数が、10月は105件となり単月での最多件数を更新したと発表した。2月からの累計では、全国で674件となった。負債1000万円未満も含めると累計709件。業種別の上位には飲食業やアパレル、宿泊業が並んだ。

商工リサーチは「企業業績が回復しない中で、コロナ破たんの増勢が鮮明になっている」と指摘する。6月に103件と100件を超えた後、7月には80件、8月は67件と前月を下回ってきたが、9月には100件となっていた。11月は10日までに28件となっている。

業種別では、飲食が114件、アパレル67件、宿泊55件などとなった。飲食業は「来店客の減少や休業要請などで打撃を受け、小規模事業者の破たんの増加ペースが鈍らない」という。飲食業界の需要減が影響し、飲食料品卸売業34件や食品製造業27件となった。

平田紀之

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up