for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国・香港株式市場・前場=中国ほぼ横ばい、ハイテク軟調で 香港まちまち

    [上海 10日 ロイター] - 
 中国                       前場終値    前日比       %             始値
 上海総合指数             3,377.6421  + 3.9084   + 0.12      3,387.6219 
 前営業日終値             3,373.7337                                    
 CSI300指数<.CSI30   4,982.383   + 1.033   + 0.02       4,995.413 
 0>                                                      
 前営業日終値              4,981.350                                    
 香港                      前場終値     前日比       %             始値
 ハンセン指数             26,202.58   + 186.41   + 0.72       26,474.04 
 前営業日終値             26,016.17                                     
 ハンセン中国株指数<.HSC  10,576.64    - 56.43   - 0.53       10,705.63 
 E>                                                      
 前営業日終値             10,633.07                                     
 
    中国株式市場はほぼ横ばいで前場を終了した。ハイテク株が前日の米ナスダック下落
を受けて売られ、相場全体の上値を抑えた。中国の最新のインフレ指標も弱い内容だった
。
    上海総合指数前場終値は3.9084ポイント(0.12%)高の3377
.6421。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は1.033ポイント(0.02%)高の4982.383。前日は
2015年6月以来5年ぶりの高値で終了した。
    米株式市場では米製薬大手ファイザーが開発する新型コロナウイルス感染症
ワクチンの後期臨床試験(治験)で高い効果を示す結果が報告されたのを受け、巣ごもり
需要で買われてきたハイテクなどの銘柄が軟調となった。
    中国のCSI情報技術(IT)指数は1.02%安。
    航空会社や一部の製薬会社は値上がりしたが、ファイザーのワクチンへの期待感は中
国本土市場ではそれほど盛り上がっていない。
    中原証券のアナリストは、5月以降、中国は欧米に比べてはるかに効果的に感染拡大
を抑えているため、ワクチンを使用する緊急性は欧米ほど高くないと指摘。
    一方、ワクチンのニュースで香港株式市場のハンセン指数は上昇。前場終値は
186.41ポイント(0.72%)高の2万6202.58。
    しかし、ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は56.43ポイン
ト(0.53%)下げ、1万0576.64。

    中国国家統計局が10日発表した10月の生産者物価指数(PPI)は前年比2.1
%低下と、ロイターがまとめたアナリスト予想の2.0%よりも大幅な低下だった。景気
回復の裾野は広がっているが、工業品需要が依然弱いことを示した。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up