for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=独債利回り上昇、ワクチン報道の消化続く

    [アムステルダム 10日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                            
 米東部時間12時2                                           
 0分                                          
 *先物            清算値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 3カ月物ユーロ    100.51   -0.01     100.52         
 独連邦債2年物    112.29   -0.03     112.32          
 独連邦債5年物    135.11   -0.14     135.25          
 独連邦債10年    174.02   -0.34     174.36          
 物                                           
 独連邦債30年    220.78   -0.92     221.70          
 物                                           
 *現物利回り      現在値  前日比   前営業日  コード
                                        終盤  
 独連邦債2年物    -0.717  +0.009     -0.725            
 独連邦債5年物    -0.702  +0.018     -0.719            
 独連邦債10年    -0.490  +0.019     -0.508             
 物                                           
 独連邦債30年    -0.054  +0.020     -0.071             
 物                                           
 
    ユーロ圏金融・債券市場では、ドイツ債利回りが一時1カ月ぶりの
水準に上昇した。市場では新型コロナウイルスワクチンに関する報道の
消化が続いている。
    欧州連合(EU)は10日、新型コロナ支援措置である失業リスク
緩和緊急支援(SURE)の財源調達に向け2回目の債券発行を実施。
ロイターが確認した主幹事のメモによると、発行額80億ユーロの5年
債には1050億ユーロ超、同60億ユーロの30年債には700億ユ
ーロ超の需要が集まった。
    INGのシニア金利ストラテジスト、アントワーヌ・ブーベ氏は、
昨日の売りでかなり厳しい市場状況だったことを考慮すると、非常に大
規模な資金調達になったと分析した。
    9日には米製薬ファイザーが新型コロナワクチンの臨床試
験(治験)で感染を防ぐ有効率が90%を超えたと発表。この報道を受
け、国債が大きく売られていた。
    市場ではこの日もワクチン関連ニュースの消化が継続。前日に3月
以来の上昇幅になったドイツ10年債利回りは、1カ月ぶ
り水準のマイナス0.473%に一時上昇。終盤の取引ではマイナス0
.477%にやや低下した。
    EU議会と加盟国が2021─27年予算案の詳細で合意したとい
う報道は、ほとんど材料視されなかった。
    ユーロ圏のインフレ期待を示す指標である5年先スタート5年物フ
ォワードレートは、9月16日以来の水準となる1.2
1%まで上げる場面があった。
    イタリア10年債利回りは0.74%に上昇した。
    インサイト・インベストメントの債券スペシャリスト、サブリナ・
ジェイコブス氏は「現時点ではさまざまな意見があり、注目はこれが金
利上昇トレンドの転換点になるのか、あるいは経済的打撃を受けて金利
がより長期間(幅広い)レンジにとどまるかということだ」と指摘した
。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up