for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル軟調、抵抗線突破に再度失敗

[シドニー 12日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが軟調。主要抵抗線(0.73米ドル)の突破に再び失敗した。ニュージーランド(NZ)ドルは一時、19カ月ぶり高値を付けたが、その後は一服している。

豪ドルは直近で0.7272米ドル。11日には0.7319米ドルを付けた。テクニカルアナリストによると、0.73米ドルが抵抗線。今週に入り2度この水準を突破しているが、その後押し戻されている。

この日公表された当局データによると、9月の移民はネットで4530人減少した。8月も大幅に減少していた。過去半年、差し引き1万6000人近くの人がオーストラリアを離れた。

コモンウェルス・セキュリティーズ(コムセック)のエコノミストは「戦時を除いてこんな状況はなかった」と指摘。「エコノミストは今後1─2年、3─5%の経済成長を期待している。ただ、V字型回復の達成は、国境を安全に開放できるかどうかや、オーストラリアにどれだけ多くの人が移住するかに左右される」と説明した。

昨年のオーストラリアの人口の伸びの約3分の2を占めた移民は、国内経済にとって非常に重要。

投資家は、対中関係の緊迫化も警戒している。ただ、豪ドル相場は米ドル安に支えられており、両国の緊張関係が豪ドル相場にはまだ影響していないとアナリストは指摘する。

NZドルは0.6879米ドルと小幅下落。一時、2019年3月以来高値となる0.6915米ドルを付けた。

NZドルは前日、NZ準備銀行(中央銀行)の金融政策決定を受け、マイナス金利導入観測が後退し、上昇した。中銀は、新たな資金供給プログラムを打ち出し、政策金利を来年3月まで0.25%に据え置く方針を改めて表明した。

ナショナル・オーストラリア銀行のアナリストは、NZドルの見通しを引き上げたとし、NZドルは想定よりも早く0.70米ドルに達する可能性があると説明した。

NZ国債は小幅上昇、長期債利回りは2ベーシスポイント(bp)低下。

豪国債先物はまちまち。3年物は横ばいの99.81。10年物は6.5ティック高の99.07。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up