for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式こうみる:感染拡大が重しも企業業績が株価を下支え=野村証 澤田氏

[東京 13日 ロイター] -

<野村証券 エクイティ・マーケットストラテジスト 澤田麻希氏>

欧米のみならず日本でも、前日に新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多を記録し、株価の重しとなっている。ワクチン開発期待の高まりで、直近の相場において物色されていた空運業、陸運業、外食などが、人の移動制限が懸念されるようになることで売られた半面、ゲームなどの巣ごもり関連株や、ソニー、東京エレクトロンといったグロースが上昇するなど、物色の流れが再び変化した。

ただ、株価を全体的にみる場合、ここまで発表された決算が好調だったことがポイントになる。今回の決算発表シーズンを総括すると、減収率、減益率が改善、これが直近の株価上昇を促した要因の1つとなった。上方修正された銘柄数の比率から下方修正された銘柄数の比率を差し引いたリビジョンインデックスが、9四半期ぶりにプラスになる可能性が高いことも注目される。コロナ禍が重しとなっているものの、企業業績が株価を下支えすることになりそうだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up