for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル上昇、リスク選好度の高まりで

[シドニー 16日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが上昇している。新型コロナの感染者は増え続けているが、ワクチン開発への期待が高まっており、世界的にリスク選好度が高まっている。

豪ドルは0.3%高の0.7291米ドル。最近付けた9週間ぶり高値(0.7340米ドル)に迫った。

NZドルは0.6%高の0.6883米ドル。先週付けた19カ月ぶり高値(0.6915米ドル)に迫っている。2019年3月以来の高値(0.6938米ドル)にも近づいており、この水準を突破するとテクニカル要因の上げが予想される。

ウエストパック銀行のアナリストは、国内経済の堅調を踏まえると、NZドルは0.7400米ドル、もしくは、0.7500米ドルまで上昇する可能性があると指摘する。

「NZ中銀は国内経済の底堅さに驚いており、今後必要とされる追加刺激策の規模は小さくなった」と説明した。

NZ準備銀行(中央銀行)の先週の金融政策決定を受け、市場ではマイナス金利導入観測が後退した。

さらに、世界的なリスク選好度の高まりから、NZ10年債利回りは今月初めの0.58%から0.865%に上昇している。

豪10年債利回りも0.899%と、今月初めの0.83%から上昇している。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up