for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り低下、第4四半期の景気見通しさえず

 (表を更新しました。)
    [ニューヨーク 19日 ロイター] - 
  30年債(指標銘    17時05分  101*19.00   1.5583%             
              柄)                                   
                    前営業日終  100*04.00   1.6200%                             
                            値                       
 10年債(指標銘柄    17時05分  100*10.00   0.8423%             
                )                                   
                    前営業日終   99*30.00   0.8820%                             
                            値                       
  5年債(指標銘柄    17時05分   99*11.50   0.3809%            
                )                                   
                    前営業日終   99*08.75   0.3980%                             
                            値                       
  2年債(指標銘柄    17時03分   99*29.38   0.1672%            
                )                                   
                    前営業日終   99*28.88   0.1750%                             
                            値                       
                       清算値   前日終値  コード
 Tボンド先物12     173*08.00  172*17.00        
 月限                                     
 Tノート先物12     138*11.50  138*06.00        
 月限                                     
     
    米金融・債券市場で国債利回りが低下。第4・四半期の経済を巡る
さえない見通しが、新型コロナウイルスワクチンへの期待を打ち消す格
好となった。
    ソシエテ・ジェネラル(ニューヨーク)の米金利戦略部長、スバド
ラ・ラジャパ氏は「投資家の視点がワクチンに対する熱狂から、コロナ
感染の急増や第4・四半期経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)悪
化へとシフトしている」と述べた。
    週間の新規失業保険申請件数は74万2000件と、前週の71万
1000件から予想外に増加した。コロナの感染抑制に向けた新たな事
業閉鎖によって一時解雇が増え、労働市場の回復が一段と鈍った。[nL4
N2I53MN]
    10年債利回りは3ベーシスポイント(bp)低下し
0.855%。一時0.842%まで下げる場面も見られたが、米与野
党がコロナ経済対策の協議再開で合意したと伝わり、やや戻した。先週
はワクチンへの期待などから0.975%と8カ月ぶりの水準に上昇し
ていた。
    2年債と10年債の利回り格差は68bpに縮小。1
0年債と30年債の利回り格差も71bpと、9月3
日以来の水準に縮小した。
    1年物の財務省短期証券(Tビル)利回りは0.101
%と、4月以来の低水準。
    利回りが先週上昇したことで、米連邦準備理事会(FRB)が長期
国債の買い入れを増やすとの観測が強まった。しかし10年債利回りが
1%を超えて高止まらない限り、FRBがそうした行動に出ることはな
いとの見方が多い。
    ダラス地区連銀のカプラン総裁は、FRBが行う月額1200億ド
ルの債券買い入れについて、今後も継続すべきとし、「必要が生じ、事
態が悪化すれば、年限による拡大も可能だが、規模拡大はないだろう」
と述べた。
    この日行われた120億ドルの10年物インフレ指数連動債(TI
PS)入札には底堅い需要が見られた。最高利回りはマイナス0.86
7%と、入札前取引(WI)を1bp下回った。
    10年物TIPSと通常国債の利回り差で、市場の期待インフレ率
を示すブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は1
.681%。

    <ドル・スワップ・スプレッド>
 DOLLAR SWAP SPREADS                          
                                  Last (bps)  Net Change 
                                              (bps)
 U.S. 2-year dollar swap spread   8.25        0.25
 U.S. 3-year dollar swap spread   7.50        0.25
 U.S. 5-year dollar swap spread   6.00        0.00
 U.S. 10-year dollar swap spread  0.00        0.50
 U.S. 30-year dollar swap spread  -31.75      0.50
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up