for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=反発、一次産品株買われる

    [20日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 STOXX欧州600種     389.61    +2.01  +0.52     387.60          
 FTSEユーロファース    1504.36    +7.29  +0.49    1497.07          
 ト300種                                                    
 ユーロSTOXX50種    3467.60   +15.63  +0.45    3451.97  <.STOXX50E
                                                               >
    
    
    欧州株式市場は反発して取引を終えた。新型コロナウイルス感染の
増加や米国の追加景気刺激策を巡る手詰まり感が不安視されたものの、
一次産品株が買われ、全体を押し上げた。週間ベースでは3週連続で伸
びた。
    資源大手のリオ・ティントとBHP、グレンコア<
GLEN.L>は1.2%から2.4%上昇した。世界最大の金属消費国であ
る中国の需要が引き続き好調であるほか、供給が混乱する可能性から金
属価格が上昇した。
    新型コロナワクチンの臨床試験に関する前向きなデータを受け原油
も値を上げ、STOXX欧州600種石油・ガス株指数は1.
54%上昇した。
    IGの上級市場アナリスト、ジョシュア・マホニー氏は「米国の刺
激策やロックダウンを巡る不安がある中でもワクチン期待が高く、欧州
株式相場は徐々に勢いが出ている」と述べた。
    バンク・オブ・アメリカのデータによると、先週は株式ファンドへ
270億ドルが流入した。新型コロナワクチンに関する最新の情報を受
け、銀行や旅行・娯楽、石油など打撃が最も大きかった部門に高揚感が
高まった。ワクチンによって景気回復が加速するとの期待からこうした
部門が今週最も好調だったが、感染拡大を抑えるための封鎖措置への不
安もあり上昇幅は限定的だった。
    市場は米国の追加刺激策にも神経質になっている。ムニューシン米
財務長官は、新型コロナ危機を受けて導入した連邦準備理事会(FRB
)の緊急融資プログラムの一部について、期限を延長せず12月31日
に終了する考えを示した。FRBはプログラムの延長を求めており、政
権交代を前に現政権とFRBの意見対立が鮮明になった。
    10月の英小売売上高が好調だったほか、英保健相が新型コロナ感
染状況が落ち着き始めている兆しがあると述べたことでFTSE100
種は上昇した。

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up