for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シドニー外為・債券市場=豪ドル軟調、米ドル/中国人民元上昇の余波

[シドニー 15日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルが軟調。前日に付けた2年半ぶりの高値から値を下げている。

豪ドルは0.27%安。14日には2018年6月以来の高値となる0.7578米ドルを付けた。

ニュージーランド(NZ)ドルは0.7074米ドルに下落。前営業日終値は0.7082米ドルだった。

ペッパーストーン(メルボルン)のクリス・ウェストン氏は「きょうは米ドル/中国人民元の上昇が中心トピックで、為替相場全体に響いた」と述べた。

上海外国為替市場の人民元相場は15日、ドルに対しておよそ2週間ぶりの安値水準に下落した。中国人民銀行(中央銀行)はきょう、過去最大規模の中期資金の供給を実施。金融政策の引き締め観測が後退した。

豪ドルはこの数週間、主要輸出品目である鉄鉱石の価格上昇や国内景気回復の兆候を受けて上げ基調となっている。

豪国債先物は横ばい。3年物が横ばいの99.804。10年物が変わらずの99.982。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up