for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=続落、軟調な統計や制限措置を不安視 国内株は買われる

    [15日 ロイター] - 
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 FTSE100種              6513.32     -18.51   -0.28      6531.83          
 
    ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。労働市場の軟調な統計やロンドンで始ま
る新たな制限措置が懸念材料となった。一方、英国と欧州連合(EU)が通商協定で合意
するとの期待が高まり、国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数
は終盤にかけてマイナス圏から持ち直し、0.45%高で取引を終えた。
    BBCの記者が、英国とEUが、EU離脱支持者が納得のいく通商協定の妥結に近づ
いているとツイッターに投稿した。
    ポンドが上昇し、FTSE100種の押し下げ要因となった。
    英国立統計局(ONS)が発表した8─10月の失業率は、7─9月から悪化した。
8─10月の人員削減数は過去最多となった。
    新型コロナ感染者が急増する中、ロンドンが制限措置を強化する。新型コロナの変異
種の感染も確認されている。こうした中、労働市場の見通しは一段と悪化した。
    こうした中、防衛のケムリング・グループは10.7%上昇し、約8年ぶり
の高値を付けた。2020年の業績が予想を上回ったことが好感された。

    
 (い)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up