for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NZの第3四半期GDP、前期比+14.0% コロナ制限緩和で過去最大の伸び

[ウェリントン 17日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)統計局が17日に発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)は、季節調整済み前期比14.0%増と、過去最大の伸びを記録した。新型コロナウイルスの感染抑制策が緩和されたことが寄与した。

12月17日、ニュージーランド(NZ)統計局が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)は、季節調整済み前期比14.0%増と、過去最大の伸びを記録した。ウェリントンで2017年7月アs津瑛(2020年 ロイター/David Gray)

ロイターがまとめたエコノミスト予想(13.5%増)も上回った。

前年比では0.4%増加。エコノミスト予想は1.3%減だった。

NZ準備銀行(中央銀行)は、前期比13.4%増、前年比1.3%減と予想していた。

統計発表を受けたNZドルの反応は概ね限定的だった。コロナ感染抑制策による第2・四半期の大幅悪化後の急回復を市場は既に織り込んでいた。

第2・四半期のGDPは前期比12.2%減から11.0%減に上方改定された。

キーウィ銀行のチーフエコノミスト、ジャロッド・カー氏は「真のV字回復を達成したも同然だ」と評価し、全業種で活動が大幅に拡大し、8月のオークランドでの感染第2波の影響も限定的だったようだと述べた。

ニュージーランドはコロナ感染の封じ込めに成功したほんの一握りの国の1つ。企業や学校、省庁などの活動はほぼコロナ前の状態まで戻っている。

ウエストパックのシニアエコノミスト、マイケル・ゴードン氏は中銀の対応について、「インフレ目標を達成する軌道にあるかどうかが重要だ。予想よりも強い経済は無論、目標達成の方向性を示しているが、NZドル高など他の動向とバランスを取る必要がある」とした。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up