for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-インドネシア中銀、予想通り政策金利を据え置き

(内容を追加しました)

[ジャカルタ 17日 ロイター] - インドネシア中央銀行は17日、年内最後となる金融政策決定会合で、市場の予想どおり政策金利を据え置いた。

中銀は7日物リバースレポ金利を3.75%に据え置いた。これは同中銀が2016年に7日物リバースレポ金利を主要政策手段に定めて以来、最低水準となる。ロイターがまとめた市場予想では、アナリスト22人のうち18人が据え置きを予想していた。

翌日物預金ファシリティー金利(FASBI)を3.00%に、貸出ファシリティー金利は4.50%にそれぞれ維持した。

同中銀は今年、5回の利下げを実施。政策金利は計125ベーシスポイント引き下げられた。また、国債の直接引き受けなどにより694兆9000億ルピア(493億4000万ドル)の資金を供給した。

ペリー・ワルジヨ総裁は「豊富な流動性と政策金利の引き下げは、預金・貸出金利の低下を促してきた。しかし中銀の見るところ、銀行の金利引き下げペースは鈍い」と指摘。関係当局と協力し、貸し渋り問題に取り組む方針を示した。

また同総裁は、新型コロナウイルスワクチン接種の開始と感染抑制策の順守が、一段の景気回復の大前提であるとも述べた。

キャピタル・エコノミクスはレポートで、景気の先行き不安と新型コロナ封じ込めの失敗により、来年はさらなる緩和の可能性が高いとの見方を示し「利下げの時期や幅は、ルピアの動向次第だ」とした。

ルピアは中銀の決定に反応薄だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up