for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本政府、長射程ミサイルの開発決定 イージス艦2隻も建造

 12月18日、政府は18日の閣議で、自衛隊の新たな装備として長射程の巡行ミサイルを開発することを決定した。写真は岸信夫防衛相。都内で9月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 18日 ロイター] - 政府は18日の閣議で、自衛隊の新たな装備として長射程の巡行ミサイルを開発することを決定した。相手の作戦拠点を狙う敵基地攻撃能力にも転用できるが、岸信夫防衛相は記者会見で、「南西地域の島しょ防衛のために必要な装備」と強調した。

新たな長距離ミサイルは、陸上自衛隊の「12式地対艦誘導ミサイル」を改良して射程を伸ばす。地上配備型だけでなく、航空機や艦艇からも発射可能なミサイルの開発を目指す。

専守防衛を掲げる日本は他国の領土に届く長距離の武器をそろえてこなかったが、世界的にミサイルの長射程化が進む中、敵の脅威を受けない場所から安全に攻撃できる能力、いわゆるスタンド・オフ防衛力を取得するとしている。

また、政府は導入を断念した地上配備側迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代わりに、イージス艦2隻を建造することを決定した。海上自衛隊が保持する。

イージス・アショアは、弾道ミサイルなどの飛来を艦上で24時間監視する海自隊員の負担を軽減するため、陸自の装備として導入を決めた経緯がある。しかし、発射した迎撃ミサイルのブースターを安全な場所に落下させられないことが分かったとして、今年6月に配備を停止。最終的に海自が運用するイージス艦を増やすことになった。

イージス艦に搭載するレーダーは、イージス・アショア用に契約していた米ロッキード・マーチンの「SPY7」を転用する。

ティム・ケリー、久保信博

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up